SSブログ
前の10件 | -

ツーリズムEXPOジャパン2019 [ちょっとした日常]

朝から南港のインデックス大阪で開催しているツーリズムEXPOジャパン2019に行ってきました。たまたま地下鉄の広告で初めてこのイベントを知って、毎年東京でやってるイベントが、今年だけ大阪で開催することを知りました。海外は90ヵ国ほど回ってるんで、知らない国はないんですが、行ったことがない国はいくつもあったので、その国のブースを見て回りました。
nice!(0)  コメント(0) 

十津川温泉 ホテル昴 [近郊観光]

天気予報では夕方までは暖かくていい天気ですといってたので、ちょっと乗っていなかった原付バイクを走らせたくもなり、朝10時前に外出しました。先週白浜の温泉に行って快適でしたので、今回は奈良の十津川温泉に向かいました。

柏原市の国分からR165で奈良に入り、山麓線を南下し五条へ。ガソリンをちょっとだけ足して満タンにしたいためR24を行ったり来たりしてセルフのガソリンスタンドを探したんですが見つからず、あきらめてR168に入ったらすぐにJAのセルフのガソリンスタンドが見つかりました。わざわざ遠回りして探したのに、普通に走ってたら見つかりました。

ガソリン満タンでいよいよ深い山の中へ。それまで気持ち良く運転してましたが、山の空気に変わったせいで急に寒くなって、トンネルに入ると震えるほどの寒さでした。道の駅「吉野路大塔」でようやく休憩。上着をもう1枚着て、手袋をして防寒対策を整え再出発。しかし何回走っても遠い道のりですが、ところどころトンネルができてたり、高規格道路になってたりと開発が進んでいるのがよくわかります。離合ギリギリの狭い道もところどころ残っているだけに、その格差に驚きます。とは言え、走りやすい道は大歓迎です。

午後1時過ぎに目的地の十津川温泉ホテル昴に到着。この時間帯はホテルのフロントではなく、浴場の入口での受付で、入浴料800円ではなく、1000円で3回入れる十津川温泉ストラップを買ってお風呂に入りました。期限は1年で残り2回を使いきれるよう頑張てみましょう。

露天風呂に先客1人だけで、内湯は独占です。ほんのり硫黄の香りがする無色透明のお湯に溶けるように浸かってました。露天風呂にも入って十津川温泉満喫でした。

午後2時半にはホテル昴をでて、長い道のりを自宅に向かいました。やや雲が出て、少し陽も傾いてきたので、風呂上がりなのに、かなり寒かったです。
20191023_134043515.jpg20191023_133003174.jpg20191023_131326022.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

白浜温泉 崎の湯 [近郊観光]

まだ真っ暗な午前3時半に車で出発。高速代を少しでも節約するため午前4時までには阪和道に入りました。

紀ノ川SAで休憩を兼ねた仮眠をし、目が覚めた時にはちょうど日の出でした。たらたらと阪和道を南下し、上富田ICで高速を降りて一般道に入りました。このICを利用するときはここからR311に入って中辺路を抜けて熊野本宮や川湯温泉に向かうんですが、今回はここから白浜に向かいました。ICから一般道に出てすぐに左、左と曲がって、ナビがないと決して通らないであろう住宅街を抜け、新庄公園の前を通って、内の浦の交差点に出ました。渋滞もなく抜け道的な感じだったので、相克距離を考えたら白浜ICで下りるよりもいいかもしれません。

朝も結構賑わているとれとれ市場の前を通り、大浦を左に入り山を越えて白浜中心部に到着。そういえばホテル古賀の井が湯快リゾートに替わってました。利用者のニーズや時代の流れ、建物の老朽化などいろいろあるようで仕方がないのでしょうが、名旅館が子供向けの大衆旅館に替わってしまったのは残念です。

海沿いの道を走り脇道を入って午前8時40分ごろに崎の湯について、券売機で500円の件を買ってから浴場へ。先客は1人で、海側の浴場にいたので、僕は手前の浴場へ。湯口の深いところでゆっくりと源泉堪能です。

海側の浴場は早朝の満潮で海水大量に入り込んだようで、かなりぬるく塩辛いお湯でした。天気も良くすごく快適な時間を過ごせました。往復約300キロ、高速代6700円(往2760円※早朝 復3940円)、それにガソリン代5000円程度の出費でした。
20191016_101844150.jpg20191016_084158078.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

2019-10-15 [旅行]

朝8時の便で沖縄那覇へ。初の沖縄本島の旅行です。空港から離れてるけど価格が安いルフトレンタカーで車を借り、直ぐに高速に入って、伊芸サービスエリアで休憩。金武湾の眺望はありままだ沖縄の海を感じさせるものではせんでした。

道の駅「許田」で美ら海水族館の前売り券を買ってから名護中心部に入り、明日の朝食用にkaitoでパンを購入。結構手の込んだパンなのに値段の安さに驚きです。

お昼は沖縄そばの名店岸本へ。午後2時頃でしたが、広い駐車場はほとんど車が入っていて店内は結構混んでいました。そば(中)とジューシーでお腹いっぱいです。

古宇利島を一周し、橋の南詰展望所から景観を眺めて、海洋公園に向かいました。宿泊はコンドミニアムで


nice!(0)  コメント(0) 

ラグビーWC スコットランド戦

久しぶりにラグビーの試合を見ました。昔のファイブネイションのうち、2カ国に勝つなんて信じられません。でも、試合内容はよかったので、納得の勝利。
次の南アフリカ戦も楽しみです。

紅葉の宮島 [旅行]

昨夜午後11時40分梅田発の高速バスで広島県の宮島に来ました。3800えんの4列シートでしたが、隣が空いていたので快適に過ごせました。三木SAと、そのあと2つのSAにトイレ休憩があって、午前5時30分ごろに広島駅の南西あたりに到着。少し歩いてガラガラの広島駅コンコースへ。岩国行きの電車に乗って30分ほどで宮島口に着き、駅正面の道を歩いて、地下道で国道2号線を越えると港です。宮島に渡る始発の船には間に合わず、30分ほど待ってJRフェリーで宮島に渡りました。

まずは鳥居です。潮が引いていたため砂浜を歩いて鳥居の下まで歩いて行けました。宮島は3,4回来てますが、鳥居の足元まで来たのは初めてで、鳥居に多数の硬貨が貼り付けられているのは知りませんでした。
20181114_074355156.jpg




nice!(0)  コメント(0) 

冬の北海道観光旅行 2日目は知床 [旅行]

夜が明けるまで滝本の大浴場で温泉を満喫し、向かいの滝本インに戻って朝食。その後に滝本インの温泉に入ってチェックアウト。ホテルからしばらく歩いて、足湯口のバス停まで行き、そこから出発する千歳空港までのバスに乗車。滝本の前のバス停ではたくさんの人がバスを待っていて、わざわざ始発のバス停まで歩いたのは正解でした。

千歳空港で来るたびに寄っている白樺山荘に行って味噌ラーメンを食べました。白樺山荘の味噌ラーメンはおいしくて大好きなんですが、空港の店はちょっと塩辛いような気がします。その後、女満別に向かう飛行機に乗るため、JALのカウンターへ。ところが便は予約したものの、購入手続きを忘れていて、しかも乗りたい便は満席とのこと。大失態です。しかしながら奇跡的にANA便があったので、しかも念のために持っていた株主優待券を使って、空港の自動チェックイン機で予約・購入して無事に女満別空港に向かうことができました。

ボンバルディア製のプロペラ機で女満別空港に到着。ターミナルを出たところに止まっていた時刻表のないバスで網走駅へ。残念ながらこのバスは網走駅の目の前ではなく、少し手前で降ろされるため、降りた瞬間はどこに駅があるかわかりませんでした。たまたま東横インが見えたのでそれを目指して歩くと網走駅が見えたので一安心。

冬の北海道観光旅行 1日目は登別 [旅行]

4連休を取って北海道に向かいました。

朝8時の飛行機で北海道の千歳空港へ。初日の今日は登別温泉に向かうため、千歳空港から直接登別温泉に向かうバスを利用しました。バスは国際線ターミナルからスタートして国内線ターミナルに寄って登別に向かうため、あえて国際線ターミナルまで移動してからバスに乗りました。ちなみに千歳の国内線から国際線ターミナルに向かう通路にはロイズの大型ショップや、ドラえもんやキティちゃんやらのちょっとしたテーマパークのような施設があったのは初めて知りました。

登別には午後2時前に到着し、常宿の滝本インで早めのチェックイン。札幌雪祭りの度にここに宿泊していますが、昼間に来たのは初めてで、登別の温泉街から地獄谷まで散策し、大湯沼あたりまで歩きました。

晩御飯は滝本インのレストラン「ポプラ」での1080円のビュッフェにしました。まぁ値段相応です。

そして深夜から明け方まで滝本本館の大浴場で体が溶けそうになるくらい温泉に浸かってました。

ANA SFCへの道 札幌・東京 [ANA SFC]

当初は、朝5時40分に朝食、その後チェックアウトして6時半のホテルの送迎バスで千歳空港に行き、7時20分の羽田行に乗るという朝から忙しい予定でしたが、昨夜に羽田便の遅延が分かった時点で予定をすべて変更して、夕方に羽田に行くことにしたので、逆に朝からゆっくりできました。

お腹一杯朝食を戴き、千歳駅始発の各停で札幌へ向かいました。ちょうど2週間前の雪まつりの時に来ましたが、今日の昼ごろに行った大通公園の雪像のあった場所は雪の丘のようになってました。

この時期の札幌にしては穏やかないい天気で気持ち良く、ぶらぶらと当てもなく歩き回ってました。午後3時に札幌から空港に移動。空港でお気に入りの白樺山荘の味噌ラーメンを食べ、じゃがぽっくる、白い恋人、スナッフルスのチーズオムレットを買って、夕方5時半の便で羽田へ。

すっかり暗くなった羽田空港では屋外の展望台に出て、スカイツリーや東京タワーの夜景や、床のデッキにしこまれた電球のイルミネーションを楽しみました。

ラウンジで休んでから、夜9時発の関空便に搭乗。ディズニー帰りの小娘の集団や、コードシェアのためか中国人の団体など、なんとも賑やかな(悪い意味で)機内でした。

雪によるスケジュール変更で当初の予定が狂いましたが、今回のフライトで3万プレミアムポイントをこえましたので、これで4月からブロンド会員です。SFC獲得まではただの通過点なので、まだまだ頑張らないと。。。

ANA SFCへの道 石垣・札幌 [ANA SFC]

ANAのSFCをめざて2回目の修行です。

先週に引き続き早朝からKIXへ。ラウンジで時間をつぶして、1本目の関空→石垣(プレミアムクラス)です。左の窓側席でしたので足摺岬がきれいに見えましたが、やはり桜島や屋久島が見える右側の窓側のほうが良さそうです。

石垣空港はラウンジがないため、穴場的な2階のソファーのあるスペースで休憩。その後、これも穴場的な職員通路のようなところを抜けていく食堂でロコモコをいただきました。

空港の小さな展望台でやや暖かい空気と、曇り空のためきれいでもない海を見てから再びフライトで、石垣→中部セントレア(プレミアム)です。

セントレアでも屋外の展望台にでましたが、ものすごい強風で寒く、せっかくのイルミネーションをゆっくり見ることができませんでした。この強風が示すように、北日本を中心に天候は大荒れだそうで、そんな中、セントレア→札幌へ本日3本目のフライトです。

そこそこ遅れて午後9時半少し前に千歳空港到着。なんと夕方には大雪で一時滑走路を閉鎖していたようで結構な数の欠航があったそうです。そのため、大幅に遅延している飛行機に乗る人や、夜明かしをする雰囲気の人が空港内にたくさんいました。少しターミナル内を歩いて回りましたが、店はすべて閉まっていて北の幸にはありつけませんでした。

午後10時半に出発の送迎バスで本日のホテルへ。ホテルは千歳駅にほど近い街中でしたので、チェックイン後、寒いのに夜の散歩にでました。この時間でもまだまだ交通量のある国道沿いを歩いて、JR千歳駅まで歩いていくと気温マイナス6℃の電光掲示板が見えました。コンビニでコーヒーを買ってホテルに戻りました。

スマホにANAからメールが届いていて、翌朝7時半の札幌→東京便が2時間出発時間を遅らせるとのこと。2時間も遅らされたらその次のフライトに間に合わなくなるので、予約をキャンセルして夕方の東京への便に変更し、そこから大阪への便を買い足しました。



前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます